つい先日、あるwebマーケティング会社の方々から、

「社外の専門家を雇ったのだけど、本当にうんざりした」

という話を聴いた。

 

「なぜ?」とお聞きすると、

「とにかく仕事ができないので、チームの雰囲気を悪くする。」

という。

しかし、当然ながら

「仕事ができない専門家をなぜ雇ったのか?」

というギモンが浮かぶだろう。

 

私はそれを聞いた。すると彼らは、

「いや、知識だけはすっごいあるんですよね。分析ツールとか、統計とか。異常なほど詳しい。本も出したりしている。」

「なるほど。ではなぜ「仕事ができない」と感じたのですか?」

「その人さ、問題を指摘するだけで、全然改善案を出せない専門家なんですよ。」

「そういうことですか。」

「例えば、webサイトを見て、あそこが悪い、ここもダメ、っていう指摘はめちゃめちゃうるさいんですよ。でも、「じゃあどうすれば改善しますか?」と聞くと、何も出てこない。」

「なるほどw」

「しかも、異常に細かい部分にこだわるんです。サイトの全体設計の話をしている時に、ボタンの位置やレポートのフォーマットの話とか、「今そこじゃねーだろ」って、ツッコミたくなるわけですよ。」

 

******

 

そういえば、私も同じような経験をしたことがある。

ある営業業務改善のためのミーティングで、「引き合いの分析」をしていたときのこと。

 

過去数カ月分にわたる、引き合いの一覧表を、まだ若い管理職がグループの皆に配布し、

「受注率を上げたいと思っているのだけど、過去の失注したお客さんに何か傾向はないか」

と訊ねた。

 

すると、一人のベテラン営業マンがすかさず

「ここの漢字がまちがってますね」

「このシート見にくいですよね」

と、表のフォーマットにケチを付け始めた。

 

その管理職は落ち着いて、「何が見にくいですか?」と聞いたが、そのベテランは

「いや、見る人のことを考えたら、もうすこしスッキリさせるでしょ」

というだけ。

管理職は「具体的に何処を直せば良いですか?」と聞くのだが、そこに意見は言わない。

 

その若い管理職は内心はイラッときていたと思うが、表情には出さずに、

「フォーマットは後で直します。失注したお客さんについて気づいたことは……」

と再度皆に聴き直す。

 

しかし、先ほどのベテランは再び、

「あ、このお客さんの担当、別の人ですよ」

と、本筋とは関係のない指摘をする。皆はうんざりしており、場の雰囲気は酷いものになってしまった。

 

******

 

このような人、どの会社にも何人かはいるのではないだろうか。

傾向として、

「40、50代」

「知識だけはあるが、成果につながる本質的な話ができない」

「プライドが高く、人のやっていることに対して指摘は多いが、自分の意見は(批判されたくないので)出さない」

「男性」

という属性があるので、わたしは彼らを「重箱の隅おじさん」と呼ぶ。

もちろん、これはオジサンに限るものではないが、何となくそう言う傾向は見て取れる。

 

 

で、その「webマーケティングの専門家の方、どうしたんですか?」

「役に立たないだけでなく、会議のジャマをするんで切っちゃいました。皆の気分を悪くするだけの人なら、知識があっても邪魔ですよね。」

 

 

 

【お知らせ】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Thomas Hawk)