少し前、ある会社の飲み会に参加させていただいた時の話だ。

若手の方々が盛り上がっている。会社は今、急成長中で、IoTのテクノロジーを扱っている会社だ。先日、大手企業から大量の発注があり、会社は非常に調子が良い。

「会社が伸びていると、士気がちがうな」と思う。

一方で経営者はいかにも「職人」といったふうな風貌であるが、物静かな方で、「自由にやればいいんじゃないかな」が口癖の方だ。

 

若手が言う。

「社長、本当に今の仕事が楽しいです。この会社に入って本当に良かったと思います」

あまり感情を外に出さない社長も、今日は嬉しそうである。

30代の中堅らしき社員が、それに同調する。「そうだよな、めちゃくちゃ楽しいよなこの仕事。ところで今度の展示会の企画だけど…」

たちまち数人で議論が始まる。皆が自発的に会社を盛り上げようとしている。

 

向こうのテーブルにいた若手が、こちらで議論が盛り上がっているのを見つけて、こちらに来る。社長が議論を黙って聞いているのを見て、彼が話しかけた。

「社長、みんな楽しそうですね。」

「そうだね。頑張っているね。」

「皆仕事を楽しくやってますよね、すごいと思います。僕、前の会社でも同じようなことをしていましたけど、正直全く楽しくなかったですよ。」

「そうなんだ。」

「そうです。でも、当時はよくわからなかったけど、最近わかったんです。その理由。」

「へえ、聞きたいですね。」

「いや、本当に単純なんですけど、前の会社は皆、「どうやって楽に稼ぐか」を考えていたんです。でも、この会社は「どうやって大きなことをするか」を考えている。これ、大きなちがいです。そうすると、みんな一生懸命働くんです。」

社長は頷いている。

 

「やっぱり、一生懸命やらないと、楽しくないですよね。私、逆だと思っていました。楽しいと一生懸命やるのかと、ちがいました。一生懸命やると、楽しいんですよね。」

社長は感心している。

「へえ、◯◯さん、面白いこと言うね。」

「なんか、昔の会社と比べると、よくわかります。」

「一緒に頑張ろうよ。」

 

 

その会話は、私の記憶に今でも鮮明に残っている。

社会心理学者のエーリッヒ・フロムは著書「愛するということ」において、「芸術を楽しみたければ、芸術の修行を積んだ人間でなければならない。」と述べた。

そのとおりだ。「仕事を楽しみたければ、一生懸命仕事をやるしかない」のだ。

 

【お知らせ】
教育・人材業向けマーケティング支援とする株式会社マーケティングアカデミアと弊社ティネクト(Books&Apps運営会社)がwebマーケティングの実践方法をご紹介するセミナーのご案内です。
<2023年2月15日実施セミナー>

見込み顧客のシグナルを見逃さない! コーポレートサイトとMAツールで待ち伏せ営業の極意を掴む

<内容>
第1部:株式会社マーケティングアカデミア
・リードリサイクルのメリット
・リードのリサイクル方法
・刺さるコンテンツ」の重要性

第2部:ティネクト株式会社
・刺さるコンテンツ」の重要性
・事例紹介
第3部:Q&Aタイム
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時: 2023年2月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。

お申込み・詳細は こちらBooks&Appsオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2023/1/27更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・ブログが本になりました。

(Photo:Phil Whitehouse)