まだ駆け出しのコンサルタントだったころ。

私は様々な企業の「人材育成の仕組み」を作る手伝いをしていたことがある。

 

その際に必ず議論になるのが、「出世するには、どのような能力が必要なのか」だった。

この議論は複雑で、

「論理的思考力」

「コミュニケーション能力」

「目標達成能力」

「資格」

「人材の育成力」

など、様々な側面から検討がなされた。

しかし、個人的に最も説得力があったのは、ある会社の経営者の考え方だった。

 

 

「安達さん、他社さんでは、必要な能力に何を設定してるの?」

と、社長は、人材評価シートのサンプルを見ながら、私に問いかけた。

 

「御社と同じ規模・業態だと、やはりコミュニケーション能力と論理的思考力をあげる会社が多いですかね。」

と私は無難な回答をしたつもりだった。

 

しかし百戦錬磨の経営者を簡単にごまかすことはできない。

すぐに突っ込まれてしまった。

「それって本質的に重要な能力なの?」

 

私は困った。

重要でないとは言えない。しかし、本質的か、と言われると困る。

他よりも重要である理由を、うまく説明できないからだ。

 

社長は私を問い詰めるのではなく、自問自答していた。

「ビジネスの能力の根幹って、何なんだろうね……」

 

そして、しばらく考えた経営者は、ぽつりと言った。

「ああ、そうか。学習能力だ。」

 

 

つまり、経営者が言いたかったのは、こういうことだ。

 

学習能力は、上に挙げたすべての能力の礎となる。

例えば、学習能力が高ければ、仕事をすぐに覚え、ミスを繰り返すことも少ない。

新しいことに対して開放的で、素直である。

他者と意見が対立したとしても、その場で相手の思考を学習し、意見や言葉を修正する。

本を読むたびに新しい語彙を獲得し、新しいコンセプトを生み出す。

 

どんなスキルを身につけるときであっても、誰もが最初は「学習」から入るがゆえに、様々な「スキル」の獲得も早い。

 

だから、学習能力は、あらゆる知的能力の根幹をなしている

それらはビジネスにおいて、すべて必須とも言える要素であり、「成果をあげる人」の主要な条件の一つでもある。

 

採用の基本方針は「学習能力の高い人材を見つける」

それ以来、自分自身が採用面接官をやるときの基本方針は、「とにかく、学習能力の高い人材を見つけよう」だった。

しかし、「学習能力が高い人材」は、どのように見つければよいのだろう?

これは難問だった。

 

例えば、コミュニケーション能力が高く人好きのする人物であっても、学習能力が低く、同じミスを繰り返したり、物覚えが悪いようでは長期的には使い物にならない。

 

「知識の習得が好き」とアピールする人であっても、「好きなことには意欲を見せるが、それ以外に興味を持たない」人も少なくない。

彼らは、「専門バカ」の烙印を押されておしまいだ。

 

そして、残念ながら学歴や資格も、学習能力の指針として、それほどアテにならない。

経験したことのないタスクを投げると、途方に暮れて止まってしまうなど、学習能力が高いのではなく、言われたタスクを処理する能力が高いだけ、というケースが珍しくないからだ。

 

無論、「経験年数」もあてにならない。

下手に知識が多いほど、学習を避けて自分を正当化しようとすることが多くなるからだ。

それは学術的には「知識の呪い」と言われる。

多くの経験や情報を持っているために、「簡単なこと」「明白なこと」と考えてしまうからだ。

 

 

あれこれ思索を巡らせたが、それは後になって解決した。

それは、一人の「学習能力の高い」部下の発言からだった。

 

彼に「君は、やる気があっていいね」といったところ、

やる気なんか別にないっすよ。やらないとダメだから、やっているだけです。

といった。

「仕事が好きなんだね?」

と聞き返したが、彼は言った。

いや、別に好きでもないっす。さっき言った通り、やらないとダメだからやっているだけです。

 

私は不思議だった。

「好きでもなく、やる気もない」のに、自らの貴重な時間を投じて、学習を行っていたのだ。

 

しかし、彼を観察するうちに、疑問は徐々に解けた。

実は多くの場合、新しい学習の妨げとなるのは、「モチベーションがわかない」という釈明であったり、「嫌いだから」「面倒だから」という言い訳だ。

そういったことを全く意に介さず、「必要があればやります」という態度。

 

好き嫌いやモチベーションを言い訳にせず、「成果のためにやるべきかどうか」だけで行動力を発揮すること。

それが「学習能力の高さ」の正体だった。

したがって面接では「行動実績」に係る話だけをすれば、ほぼ「当たり」を採用することができる。

 

 

よく「素直さ」が学習のポイントだという方がいる。

そういう説明でも構わないが、個人的には「素直さ」という概念は、範囲が広すぎる。

また、素直に「ハイハイ」と人の意見を聞き入れることは大事ではないとは言わないが、肝心の行動が伴わないことも多い。

 

そうではなく、やる気も好き嫌いも、とにかくいったん脇において、あらゆる場面において

買う。

試す。

やってみる。

聞いてみる。

読んでみる。

このような行動をとる能力こそ、学習能力の高さの現れだ。

 

昔、一つの記事を書いたことがある。

そこでは「できる人の身極め」の一つの方法として「勧められた本をすぐ買うかどうか」を挙げた。

目の前の人が「できる人」なのかどうかを見極める、超簡単な方法。

目の前の相手のすすめる本を買う行為は、その人の考え方の縮図なんだ。人の思想に対するオープンさ、新しい物を受け入れる態度、勉強する意欲、本を読むという行為。それに加えて「とりあえず買ってみる」という行動力と勇気。

これらは「目の前の人が勧める本を買う」という行為に現れている。色々な人に会って、これをやったけど、的中率は9割。ほぼ間違わない。

もちろん「勧められた本をすぐ買って読んでみる」ことは、学習能力の高さの一つの現われだ。

 

他にもたくさんこれを示す行動はあるので、観察してみるとよいのではないかと思う。

 

 

【お知らせ】
大好評ティネクト主催ウェビナー5月実施のご案内です。

<2024年5月13日実施予定 ティネクト60分ウェビナー>

マーケティングの人手不足は「生成AI」を活用した仕組みづくりから

-生成AIで人手不足を解消しようセミナー


<セミナー内容>
1.あらゆる業界で起こっている人手不足
2.「動ける人材がいない状態」から脱却しつつある事例紹介
3.マーケティングの省力化事例
4.生成AI用いた業務省力化、その他の取り組み

【講師紹介】
倉増京平(ティネクト取締役)
楢原一雅(同取締役
安達裕哉(同代表取締役)


日時:
2024年5月 13日 (月曜日)⋅18:00~19:30
参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/4/21更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

生成AI活用支援のワークワンダースCEO(https://workwonders.jp)|元Deloitteのコンサルタント|オウンドメディア支援のティネクト代表(http://tinect.jp)|著書「頭のいい人が話す前に考えていること」55万部(https://amzn.to/49Tivyi)|

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯note:(生成AI時代の「ライターとマーケティング」の、実践的教科書

Photo:Jess Bailey