4249437022_0ed891aaaa_z友人が仕事を辞めるそうだ。入社して1年程度だが、上司に疲れ果てて、もう耐えられないという。

「何か、辞めるきっかけはあったのか?」と聞くと、

「大きなきっかけ、というよりも小さいことの積み重ねで、心をやられた」と言った。

 

具体的な話を聞くと、

「仕事を部下に目一杯押し付けて、自分は5時に帰ってしまう」

「学歴に強烈なコンプレックスを抱えている」

「人の話を全く聞かない」

「部下に興味が無い、名前を憶えない」

「自己顕示欲だけは人一倍強い」

など、「ダメな上司の条件」のオンパレードだ。

 

その話を聞きながら、私は、友人が入社前にその上司と面談した時の話を思い出した。

「パワフル」

「仕事ができる」

「ビジョンがある」

そう友人は言っていた。

 

恐らく、当初友人はその上司に惹かれて入社したのだろう。私はここ1年の変化に、人間関係の難しさを感じずにはいられなかった。

 

 

人間性は、少し話したくらいではわからない。まして、1時間程度の面接で判断できることなど何もない。

結局のところ一緒にある程度の時間を共有しなければ、人間性は見えない。

 

周りを見ていると、多くのスタートアップは、事業上の問題よりも、むしろ人間関係の亀裂によりうまくいかなくなることが多いように感じる。

・事業の方向性の違い

・マネジメントの考え方

・報酬の配分

・短期的・長期的な成果に対する態度

・礼儀

そういったこと全てが、不協和音の原因となる。

 

上司の自信を傲慢と感じ、

気さくさを無礼と感じ、

英断を冷酷と感じ、

プレゼンテーションの上手さを饒舌と感じたら、もう末期症状だ。異なる道を行くことが、お互いの幸せだ。

仕事をやめることは恥でもなく、我儘でもない。

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

【大学探訪記 Vol.20】地球に隕石が飛んできているからそれ調べてるんですけど何か?

【大学探訪記 Vol.19】伊勢神宮のネットワークを駆使し、地域おこしを実現する。

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

【仕事のチカラ Vol.4】何をやるかを決めずに、気の合う仲間と起業する。そんな人生もいいじゃない。

【仕事のチカラ Vol.3】プログラミングを独習し、その勢いで独立した、28歳の凄腕プログラマーの話。

・ブログが本になりました。

 

 

(Photo:Hartwig HKD)