4217080764_c60d22a113_z知人から、面白い話が出た。

「どの会社にも、堂々とは語られないが、成果を出した人間が行ける「楽できる部署」というものがある」

と彼は言う。

「名前は様々だ。敢えて言えば「企画」「マーケティング」「ブランド」「広報」「経営」「事業」「新規」などの名前を冠するケースが多い。(注:もちろんこの名前が付いているからといって必ずしも楽な部署ではない)」

 

「どんな人が行くの?」と聞くと、

「社長に可愛がられている人が行ったり、成果を出して「あがり」となった人が行ったり、「やめたい」と言われたけどやめさせたくない人をいかせたり。そんな感じかな。」

と彼は言った。

 

そう言った部門は、社内ではだいたい、羨ましがられているケースと、嫌われているケースがあり、なぜか、かっこ良く見えるので、新人は入りたがるという。

また、多くの場合あまり明確に成果を求められないので、前線にいるよりは楽である部署だ。

 

だが彼は「一見よい場所に見えるが、その部署で働くことはあまりお勧めできない」という。

なぜなら大抵の場合、そのような部署に配属されると以下のようになるからだ。

・優秀であるがゆえに配属された人は、仕事が面白くなくて転職する。

・優秀でないがゆえに配属された人は、そのまま能力が向上することもなく居続ける。

・経営者やその他の都合で、突然部署がなくなったりする。その時に受け入れ先がない。

 

見栄えだけ良くて、中身の無い仕事をすることはあまりお勧めできない。特に、若い頃に明確な成果を求められない仕事ばかりしていると、その時点でキャリアが終わってしまうからだ。

20代、30代は体力もあり、将来的に、独立する・転職する・そのまま居座って頑張るなどの選択肢にかかわらず、踏ん張っておきたい時期だ。

そんな時期に「楽できる部署」なんぞに入ってしまうことはデメリットが大きい。

 

 

知人は言った。

「長い人生、楽をしたツケは必ずどこかで巡ってくる。逆に今辛くてもそれが永遠につづくことはない。そんな当たり前のことなんだけどね。」

 

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.23】恐竜「トリケラトプス」の本当の姿を追求する先生がいた。

【大学探訪記 Vol.22】コスプレの研究をする大学の先生がいた。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.7】月間170万PVのオウンドメディアを1年で作り上げた人はどんな人?

【仕事のチカラ Vol.6】27歳にして3社を渡り歩き、起業した人の話。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

・ブログが本になりました。

Josh Koonce