ご存じの方も多いだろうが現在、雇用者数においてトップ3である職種、

「工場労働者」、「営業」、そして「事務職」は消えつつある。

(参考:平成22年国勢調査 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/kihon3/pdf/gaiyou.pdf)

現在、製造現場はもはや主役ではない。さらに、webの発達によりセールスの役割も大幅に縮小した。飛び込み、テレアポ、ルートセールスが是とされた時代は過去のものとなった。

 

「そんなことはない、事務職員の数は変わらないのでは」という方もいようが、昔は大半が正規雇用者だったが、現在は非正規雇用者の方も多い。

中身を見れば徐々に事務職は会社から消え、派遣会社が台頭したことがわかる。

単なる頭数だけ見れば、変化がないように見えるが、実際には経理ソフトやウェブサービスが経理部員と営業事務員を大幅に減らしたのだ。

 

かわりに増えているのは、コンサルタントなどの「専門性の高い職業」と、エンジニアなどの「技術的職業」であり、ますますブルーカラー、ホワイトカラーが減少し、知識を持つ労働者の割合が増えていることがうかがえる。

ピーター・ドラッカーが言うところの「知識労働者の台頭」は、統計的に明らかである。

 

——————–

 

こう言った状況で、現在「雇用のミスマッチ」が叫ばれている。

「雇用のミスマッチ」とは換言すれば「だれでもできる仕事」が、無くなったことによる、現場の需要と労働者のスキル供給能力のアンバランスである。

 

だから現在の若年労働者による「良い仕事が無い」との怨嗟の声は正しい。

なぜなら専門性も技術もない「若いだけ」の人間を雇う動機が、企業には存在しないからだ。必然的に、残る「だれでもできる」仕事は労働条件が過酷で、給与も安く、そしてつまらない仕事である。

畢竟、今の20代の若者が「こうすればだれでも稼げる」というネット上の文言に容易く騙されてしまうのは、「だれでも稼げる仕事」が労働市場から消えてしまったからである。

 

彼らの親世代、また現在の企業幹部などの年長者からみれば「仕事を選り好みするな、何を贅沢なことを言っているのだ」と思うかもしれない。

だが、年長者が就職活動をした時代は「だれでもできる仕事」が大量にあった時代なのだ。彼らの的はずれな職業観で、若者を責めることはできない。

 

——————–

 

では、専門性のない人はこれからの時代、どう身を守ればよいのか。

これについては、現在30歳弱の、ある有名コンサルティング会社のマネジャーの話が参考となるかもしれない。

 

彼は私立文系の学部を卒業したが、いわゆるブラック企業に入社した。

「ブラック企業は想像以上に過酷で、そして希望がない」と彼はいう。

「ここで成功できる感覚も、人生がうまくいく感じも全く持てなかった。だから、なんとか正気でいられるうちに、脱出する方策を探った」

「具体的に何をしたのですか?」

「まず、何が何でも社外に人脈を増やさないとダメだ、と思った。ブラック企業の周りにはブラック企業しかないから、全く別のルートを探った。社外の交流会に顔を出してみたり、イベントに行ったりした。」

「それから?」

自分は信用できる人間だ、ということをひたすらアピールした。絶対約束を守る、とか会合とかで面倒な役回りを引き受ける、とか。結構、約束守らない人が多いから、約束をきちんと守るだけで信用されるよ。」

「なるほど。」

「あとは情報発信が命かな。自分から人と人を繋いだり、これは、という人に会いに行ったら、ツイッターやフェイスブックで情報共有したり。とにかく人の役に立つことを発信するように心がけた。」

「精力的だね。」

「絶対に脱出してやる、と思ったから。でも、その活動のおかげで、自分に何かあると声をかけてくれる人がちらほら出てきた。でもオレ、何の専門性もないから、「何かの技術ないしスキルが身につく」って言えそうなところに注意深く転職した。最初はECサイトのマーケティング、そこは数年でやめて、次にwebサービスの運営。」

「何か意図はあったの?」

伸びてる会社に行く、っていうのが鉄則かな。そこに在籍したっていうだけで、高く買ってもらえる経歴になるんだよ。」

「なるほど。」

「で、3回転職して、ようやく今のポジション。暫くはここで頑張ってみようかと思ってる。」

 

——————–

 

「知識労働者は、自らをマーケティングしなければならない」とピーター・ドラッカーは語った。

彼は単純に、それを実践しただけなのだ。

 

【お知らせ】
オウンドメディアの担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、
webライターとしてネット界の現状に鬱々としている人、
SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、
悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。
Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分)
3.webライターに求められているもの(60分)
※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分)
5.ワークショップ(90分)
Q&Aタイム(30分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①8/6(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
②8/20(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Angie Garrett