37675290_d05e9673e6_z人生を変えたい、という欲求を持つ方はそれなりにいる。もっと成功したい、というストレートな欲求のみならず、「もっと楽に暮らしたい」「世の中の役に立ちたい」なども、その部類に入る。

 

さて、そのような方々が人生を変えることに成功しているかといえば、どうもあまりそういうことにはならない。大きなことを言っていても、5年、10年経っても変わらず、という方がむしろ圧倒的多数だ。

なぜ人生は変わらないのだろうか。

そこには「現状を捨てる力」が大きく関わっている。

 

 

大前提として、人生を変えたいという欲求がかなえられるのは、「成果を出した時」である。金銭的なものにせよ、名誉にせよ、安定した生活にせよ、それは何かを成し遂げることによってかなえられる。

例えば望む結果を得たい、という意味では結婚だって、就職だって、何かしらの成果とみなすことができる。つまり、成果を出すことが、人生を変えることだ。

 

では「成果を出す」にはどうすればよいだろうか?

この問いには唯一の解がある。それは「行動する」ことだ。結婚も就職も、仕事もお金も、行動することによってのみ手に入る。

手を動かし、体を動かすことでしか、成果をあげることはできない。

 

では、更に突き詰めて考える。「行動する」にはどうすればよいだろうか。

それには2つのものが必要だ。それは、やり方と、やる気の2つだ。やり方と、やる気があれば、人生を変えることができる。自己啓発書やその手のセミナーが売れるのは、この2つを与えてくれそうな気がするからだ。

至極当たり前の話だが、この2つのどちらが欠けても成果は出ない。

 

 

「やり方」は突き詰めれば知識のことだ。入手するには、仕事や勉強で習得するか、一緒にやる仲間から借りればよい。webで調べても、本を読んでもよい。

だから、どうやって知識を得たら良いのかわかりません、という悩みを持つ人は圧倒的少数だ。

 

むしろ問題はやる気だ。やる気が継続しないという方は多い。本やセミナーで焚き付けられても

「面倒だな」

「現状でいいや」

という誘惑に克つのは難しい。現状維持は目標達成の圧力よりも遥かに魅力的だ。

どんなに努力する人でも、この誘惑に負けた経験のない人はいないだろう。実際、「高邁な目標だから、やる気が出る」はウソだ。それができるのは聖人君子だけである。自己啓発にのめり込む人が冷笑されるのは、このためだ。

 

 

では、継続的なやる気は何から湧くのか。

それは、自ら自分を追い込むことによってのみ生じる。そして、その力の源泉は「現状を捨てること」だ。

やる気を支配するもの、それは捨てる力だ。

多くの人は現状を変えたくない。捨てたくない。人だけではない。組織も、企業も同じく、変われないのは古いものややり方を捨てられない。

だが、捨てることで、廃棄することで人は新しい力を得ることができる。

 

百年法、という小説がある。

原爆が6発落とされた日本。敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。

この本は「死ななければならない」という恐怖がクローズアップされがちだが、実は主題は異なる。

この小説が描いているのは「ヒトが死に、世代交代することで社会が前進する」という身も蓋もない真実を我々につきつけることだ。

「生を捨てられない」社会は、ひたすら停滞するのみであり、その姿は醜悪ですらある。

 

 

今年の4月、TIME誌が発表した「世界で最も影響力のある100人」に、村上春樹氏と並んで選出された日本人がいる。近藤麻理恵氏だ。

近藤麻理恵さん、「世界で最も影響力のある100人」に

昨年10月に米国で出版した「人生がときめく片づけの魔法」が67万部超のベストセラーに。「kondo」を近藤さん流に片づける意味の動詞として使う人もいるという。イタリアやフランスでも刊行され、世界でシリーズ累計300万部の人気になっている。(朝日新聞)

「片付けで人生が変わる」と銘打たれたその著書について、当初は片づけ程度でまた大袈裟な……と思ったが、呼んでみると仕事に共通する部分があると感じる。

なぜかといえば、本の半分が「捨てる」ことに割かれており、捨てることの重要性、捨てる難しさについて本質的な洞察があるからだ。

 

近藤氏は、「捨てることで人生が変わる」と著作の中で主張する。

読者からは、「起業しました」「何が必要かわかり、旦那と別れました」「会いたいと思っていたヒトから連絡が来るようになった」「仕事が取れるようになった」「夫婦仲がよくなった」「なぜか三キロ痩せた」と、捨てることと全然関係のないような話が寄せられているそうだ。

しかしそれらの声は一概に眉唾とも言えない。なぜならば「捨てる力」が活力を生み出すからだ。読者は「捨てる力」を手に入れることで、物事への効果的な対処法を身につけることができたのだろう。

 

 

今の、可もなく不可もなくという状態を捨てられる力、それなりに楽で快適な状態を捨てられる力。

部屋の片付けと同じく、これが人生を変える真の力だ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

新しいオウンドメディアの運営方法はブランディングとマーケティングを両立します

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの目的と2つの役割
3.オウンドメディアに必要なコンテンツとは?
4.オウンドメディアに必要なオファーとは?
5.成果を出すオウンドメディア運営
6.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年6月20日(月)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/5/27更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.22】コスプレの研究をする大学の先生がいた。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

【大学探訪記 Vol.20】地球に隕石が飛んできているからそれ調べてるんですけど何か?

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.7】月間170万PVのオウンドメディアを1年で作り上げた人はどんな人?

【仕事のチカラ Vol.6】27歳にして3社を渡り歩き、起業した人の話。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

・ブログが本になりました。

(Photo:Dave Gray)