最近、「働き方改革」というキーワードが流行っている。

ただ、「働き方改革」の中身は、人によってかなり解釈が異なり、一種のバズワード、と言って良いかもしれない。

 

もちろんこれは、政府が主導で「働き方」についての議論をしているからだ。

首相官邸ではその議事録を公開している。

首相官邸 働き方改革実現会議

 

中を見ると女性の活用やテレワーク、障がい者の雇用など、一見、様々なテーマがあるように見えるが、結局のところ、この二つに話題は収斂する。

1.同一労働同一賃金

2.長時間労働の抑制

 

例えば、同一労働同一賃金をすれば、中流が復活する、女性が活躍する、非正規雇用が減る。

また、長時間労働の抑制をすれば、少子化が解消する、健康になれる。消費が増える。

 

そんな話をしているのが「働き方改革」の中身である。

だが、これをみて、多くの「できる」ビジネスパーソンは違和感を抱くに違いない。

議事録を見ていると、「この人達、会社で働いたことあるのだろうか?」と思ってしまう。いや、逆に知っていて無視を決め込んでいるとしたら、さらにたちが悪い。

 

あまり声高に言う人は少ないが、はっきり言えば、企業にとって「働き方」はさほど重要な事柄ではない。

繰り返す。

企業にとって「働き方」は2次的な話であり、優先度の低い話題である。

 

知人の経営者は

「働き方改革って、話題ばかり先行しているけど、結局企業の足を引っ張っているだけだよね」

という。

ある戦略コンサルティング会社のマネジャーは

「働き方改革をする前に、労働者の意識改革のほうが先じゃないかな。」

という。

総合商社に勤める知人は、

「政府が働き方に口を出すとろくなことにならない。一律にやろうとするからね。」

という。

 

では何が重要なのか。

もちろん、企業にとって最も重要な話題は「消費者」や「取引先」が、自社のサービスや商品を買ってくれるかどうかである。

どうやったら、Googleに勝てるか。どうやったらAmazonに勝てるか。

Uberに勝てるか、トリップアドバイザーに勝てるか、Appleに勝てるか、

それが、企業の重要な課題である。

 

グローバル経済に取り込まれていく中で、どうイノベーションとマーケティングを行い、顧客と取引先に喜ばれるか。

それが企業にとってもっとも重要なことである。

でなければ、鎖国して自国の中で経済を回すしか選択肢はない。

だが、日本にとって鎖国を選択する、というのは今の生活水準を大きく落とす、という選択肢に他ならない。現実的にはそんな政策は支持されないだろう。

 

だから、「働き方改革」に対して、なぜ多くの企業人たちが白けているのか、理由は明白だ。

結局のところ「消費者」「取引先」が買ってくれるサービス、製品を作れるのであれば、どんな働き方であろうと問題はないからだ。

 

1日に1分だけ働けば成果が出るやり方があれば、企業は喜んでそれを推進するだろう。

ろくに会社に来なくとも、成果を上げてくれさえすれば、喜んで企業は「どこにいてもいいよ」というだろう。

 

ここを履き違えて、

「同一労働同一賃金」

「長時間労働の抑制」

といっても、「成果を追求する働き手」にとっては、片腹痛いという他はない。

 

その証拠に、「同一労働同一賃金」「長時間労働の抑制」などと言っている企業は、すでに多くの顧客を抱えて裕福な企業がほとんどである。

余裕があるから、「働き方改革」というバズワードを広報の一環として採用することができるのだ。

逆に、貧しい企業は

「働き方の前に、国が企業活動の邪魔をしないでくれ」

というだろう。

 

「働き方改革」は現在のところ、「公務員」「裕福な大企業」「収益性の高い金持ち企業」の道楽である。

 

********

 

あるIT業の経営者は

「「働き方改革」って言っている会社と取引している会社は、今厳しいよ。」

と言った。

「何故ですか?」

と聴くと、彼は

「しわ寄せが、下請けや取引先、協力会社に行くからさ。実際、社員の残業を減らすために、取引先に無理な要求をしている会社が最近多いんだよ。」

と言った。

 

すでにお金と人材を有している、その企業が「長時間労働の抑制をしよう」ということ。

実はそれは、格差を拡大しているのである。

 

また、「長時間労働の抑制」をすれば、良い人材が集まる、という人もいるが、だが、私の知る実態は逆だ。

良い人材ほど、「メチャメチャ働きたい」と言う。

彼らにとっての問題は、労働時間の長さではない。裁量権である。自由にやらせろ、そしたら好きなだけ働けるし、成果も出してやる。

そう彼らは言う。

 

したがって、政権の言う「働き方改革」は、的外れである。

大衆に迎合しても、「働き方改革」は実を結ばないし、それを主導すべき人々にはメッセージが届かない。

 

本当に議論してほしいのは、

「重要なのは、従業員がどのような働き方をしたら、最も成果をあげることができるのか?」

の他にはない。

その観点がほとんどすっぽり抜けているから、茶番に見えるのだ。

だから、「働き方改革」の議論は、「働き方をかえたら、本当に企業の業績が上がるのか?」について、データを元に厳密に検証しなければならない。

 

最近、長時間労働を罰するために、労基署が盛んに活動しているという。

だが、「働き方改革」の名のもとに、企業を規制するだけの世の中は、どうも居心地が悪い。

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

【7月更新記事】

[1]インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

[2]Books&Appsが実践している、記事タイトルのつけかた。

[3]「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(前編)

[4]「ゼロ」→「100万PV」に成長する過程で、webメディアがクリアしなければならない、3つの関門。(後編)


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

【著者プロフィール】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Jabiz Raisdana