social_avatar_300x300

(Vol.80から続き Airbnbって何?って人はこちらvol.1)

前回も行った(Airbnb日記 vol.24 〜Airbnbパーティ@渋谷ヒカリエ〜)ので、大体の雰囲気はわかっているつもりで、「招待状なくても大丈夫。昨日Airbnbホストのうちに泊まりに行って、今日そのまま連れて来てもらったって言えばたぶん大丈夫。

そもそもAirbnbってそういう人こそ大切にすべきじゃん。だから絶対大丈夫」とオレの根拠のある勝手な決め付けで、一緒に行くことになったのでした。

(Vol81ここから↓)

IMG_3622

ということで、表参道まで意気揚々。

もちろん!ヒトミさんは無事入れたのでした。 (受付のスタッフの方ありがとうございます。)

行った時にメールでアナウンスされていた”サンフランシスコから来たスペシャルゲスト”がスピーチをはじめるところでした。

そのスペシャルゲストとは

IMG_3617

Airbnbの創業者です(一番奥に写ってる人)。サンフランシスコからのスペシャルゲストとか言っといて、プロモーション担当部長だったりしたら、どんだけがっかりしてたと思ってんだ?

という訳で、創業者が来るとしか想像してなかったです。がっかりさせるようなことわざわざしませんよね。あのホスピタル精神にあふれるAirbnbが。

 

このAirbnbミートアップというのは、ホスト同士の交流を深めるために時々行われてます。前回は6月にありました。今回は案内があまりにも突然(開催4日前!)だったのです。

たぶん、創業者がせっかく来てるし、パーティーやってみるか!って感じだったんじゃないかな、と思います。(オレ測)

ちなみに創業者は3名います。(詳しくはこちら)本日来ているのはJoe Gebbiaという現在の肩書きはCPOの人です。

簡単に言うとプロダクトの責任者です。Airbnbのコンセプトとアイデアが突き抜けていることは言うまでもないのですが、それと同じくらい突き抜けてシャレ乙でUIに優れたサイトになっているのはこの人に負うことが多いのでしょう。もともとはデザイナーみたいです。

 

パーティーには今回もたくさんの人が来ていました。定員100名はすぐに埋まっていたので、それに近いくらいの人はいたでしょう。なるべく多くの人に話しを聞こうとうろちょろしました。

今回得た情報

・自分の部屋を貸す人は少ない

自分の住んでる部屋(の一部)を貸してるって人にはほとんど出会わなかったです。10名くらい話し掛けて1名だったです。自分の住んでる部屋を登録してるって言うと珍しがられることの方が多かったです。オレって変なのか?いやいや、違う違う。だって創業者がはじめにやったことはこれなんです。

私とジョーは私達の部屋をこのイベントに各地からやってくる人に貸すことにしました。私はベッドを持っていませんでしたが、ジョーはクローゼットから3 つのエアベッドを引っ張りだしてきました。これが「エアベッドとブレックファースト」というオリジナルネームの由来です。このようにして会社が始まったわけです。

世界190カ国で利用されるAirbnb 創業者が語った、サービスを支える不変の経営原則とは? ログミーより引用

私もソファー1個分のスペースの貸し出しからはじまり、今では事務所の床も含め5名までOKにしちゃってます。忠実に創業者の魂を受け継いでると思ってるんですがw

 

・自分の部屋とは別の部屋を貸し出すことを考えている人が多数

まあ、とは言っても上記のように「自分の部屋貸せんじゃん。そりゃナイスだな」って思ってる人は、ある意味特殊な人です。

普通に考えると、「サイトに部屋を登録すると外人が泊まりに来てその対価がもらえる」って聞いたら、自分の住んでる部屋とは別のところ貸し出しますよね。

自分の部屋に会ったこともない外人来て、そいつらと一緒に寝るなんて、ハナっから考えないですね。想像もしないし、大体危ねーだろ!

そう、そうなんですよ。全くその通りです。オレなんで自分の部屋貸そうなんて思ったんだろ?

ってそれは、自分は安達と会社はじめたばかりだったし(迷惑かける人が少ない)、1日中自分の部屋にいるし(時間が自由)、独身平民だから(文句言う人いない)。

でもなんと言っても興味を惹かれたのは、何もないはずのところ(オレがベッドで寝ている時の空いているソファーとかそのさらに下の床)がいきなりお金を生み出すってことに興味津々だったんですよ。それが特殊な事情ですw

 

・たくさんの物件を貸している人がけっこういた

で、一般常識的なリスク(他人が自分の部屋に入ってくるなど)を回避した結果行きつく先は、Airbnb用に物件をたくさん持って、それを効率よく回して利益を出すってことです。

今回もそういう方に何人も出会いました。もう驚きはしません。前回でも聞いていたので。やっぱり清掃とかが大変と話してました。このパーティーにはその辺をうまくやっている人いるだろうからノウハウ知りたいと話してました。

あと、こういうたくさん物件を持とうとしている人たちのニーズを察知し、不動産屋の人が紛れてがっつり営業しているのを見かけました。まあ、そうなるよなって感じです。

 

IMG_3621

一緒に来たヒトミさんも、いろんな人にガシガシ話し掛けてました。

 

で、私の今回最大の目的は、もちろん

IMG_3619

創業者に会うことです。前述の通り来ると確信してました。創業者のひとりJoe Gebbiaさんに会えました。

会って伝えたかったことは

・自分は東京の自宅兼オフィスと九州の実家でホストをやっている。

・ホストやって半年ちょっとだけど、100人くらい来た。ほんと楽しい。そしてAirbnbに感謝している。

・多くのゲストを迎い入れて思ったのは、「善意」ってのは世界共通なんだなって思ったこと。

・トラブルは1回もない。もちろん自己責任として、トラブルがあった場合の心構えはしているつもり。

・ゲストとして来たタイ人のデザイナーとビジネスをはじめ、MacBook用のバッグを作っちゃった。(MacBook用クラッチバッグMaclutch)

・あまりにも素晴らしいサービスなので、多くの人に知ってもらおうとブログにしてます。(このブログのことです)

・今日は、昨日泊まりに来た日本人のゲストと一緒に参加しましたよ。

・このサービスは世界をいい方向に持っていくと確信してるので、そんないい世界をつくるために今後もぜひお手伝いしたい。

ということを、オレの英語力では「東京でホストやっていて、すごく楽しいよ」くらいしか伝えることができませんでした。

オレ何やってんだwww時価総額1兆円企業の創業者に会って、そんだけかよ!しかも俺より年下、オレが小六の時、アイツ小一。なんでも言うこと聞かせられんじゃん!

本当の英語力ってのは、こういう時に必要とされるわけですね。身を持って知った次第です。

 

というわけで、短時間ではありましたが、ホストやらAirbnbスタッフやらいろいろ交流が持てて大変有意義な会でした。惜しむらくはもっと多くの人と話したかったことと、オレの英語力ですかね。

 

そして、この日も自宅にはゲストがやって来たのであります。

前日同様日本人の女子が一人で泊まりにきました。

(Vol82へつづく

 

【お知らせ】

新しいセミナーを実施します。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.質の高い記事とは
3.質の高い記事を量産するには

日時:6/18(火)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/5/22更新)

 

著者Facebookアカウント(友達申請歓迎です!) https://www.facebook.com/kazumasa.narahara

Airbnbをはじめてみたい方はこちら

いままでのAirbnb日記シリーズ

Airbnb日記 vol.1 〜まずは人の家に泊ってみた〜

Airbnb日記 vol.3 〜香港人が家にくる〜

Airbnb日記 vol.6 〜フランス人が隣にいる〜

Airbnb日記 vol.9 〜香港の女の人〜

Airbnb日記 vol.13 〜台湾人4名女子〜

Airbnb日記 vol.16 〜カナダからジョンとその友人たち〜

Airbnb日記 vol.20 〜イギリスのエンジニア〜

Airbnb日記 vol.21 〜イギリスのエンジニアからのタイ人〜

Airbnb日記 vol.22 〜タイ人の2人姉妹〜

Airbnb日記 vol.24 〜Airbnbパーティ@渋谷ヒカリエ〜

Airbnb日記 vol.25 〜テキサスから3人男組〜

Airbnb日記 vol.26 〜オレの実家(ど田舎)にドイツ人きたわ 〜

Airbnb日記 vol.32 〜オレんちにも(東京)ドイツ人きたわ〜

Airbnb日記 vol.34 〜いまスペイン人がいます〜

Airbnb日記 vol.36 〜タイからの3人は短期留学生だった〜

Airbnb日記 vol.39 〜上海より女3男1の旅〜

Airbnb日記 vol.42 〜コスプレ女と腐女子 from マレーシア〜

Airbnb日記 vol.43 〜タイの大学生 from NY〜

Airbnb日記 vol.45 〜フランスからの留学生 〜

Airbnb日記 vol.46 〜自由な男2人 from オーストラリア〜

Airbnb日記 vol.50 〜タイのガチマンガ家が来た(証拠あり)〜

Airbnb日記 vol.53 〜たまにはゲストになる 基地に泊まった〜

Airbnb日記 vol.56 〜夏の夜の夢(天女をみた)〜

Airbnb日記 vol.57 〜日本人ベテランホストの女の人〜

Airbnb日記 vol.58 〜マレーシアからの刺客part1〜

Airbnb日記 vol.62 〜タイから女子3人組part1〜

Airbnb日記 vol.63 〜もしAppleマニアの実家(ど田舎)にApple社員が来たら〜

Airbnb日記 vol.65 〜タイからデザイナー来た〜

Airbnb日記 vol.70 〜日本人が泊まりに来ました(3人目)〜

Airbnb日記 vol.71 〜またタイから3人女子きました〜

Airbnb日記 vol.74 〜バカドリルで有名なあの出版社から…〜

Airbnb日記 vol.76 〜カナダから大学生のオタクが1人でくると〜

Airbnb日記 vol.77 〜帰ってきたら外人がふとんで寝ていた〜

(速報)Airbnb日記 vol.78 〜特別編 Airbnbで知り合ったデザイナーとPC用クラッチバッグつくりました〜

Airbnb日記 vol.79 〜黒田バズーカに勝手に打たれていた〜

Airbnb日記 vol.80 〜女子来る→Airbnb創業者に会う→女子来る〜