social_avatar_300x300

(Vol.88から続き Airbnbって何?って人はこちらvol.1)

フランス人たちは私の家に2週間も滞在して何をしているのか?

東京観光?だけなら2週間もいらないですね。飽きちゃいます。彼らは、観光というより自分の作品のネタ探しをしてるのです。

大体、昼ごろ出て行って、夜帰ってくる。日本の日常を観察し、写真を撮ったり、その場で描いたりしているのです。

IMG_3915

そして部屋に帰ってきても、とにかく描く描く描くって感じです。大体暇さえあれば、絵を描いてました。

そんな彼らの作品を紹介します。

①日本の風景シリーズ

IMG_3983 IMG_3984

IMG_3980 IMG_3969

自然は国によってわかりやすい特徴がありますし、ベタですが桜の季節です。恰好のネタとなります。

 

②電車の中のマスクして寝てる人たちシリーズ

IMG_3993 IMG_3998 IMG_3995 IMG_3978

IMG_3977

日本人の多くが健康でもマスクをしていることには、みなさんも薄々気づいてると思います。Why?(一応日本人の多くがこの時期アレルギー起こすのだと教えてあげました。)そして多くの人が電車の中で寝てるのです。Why?(疲れてるんだよ。とは言えなかった。国の威信をかけてw)外人が見たら特に妙に映るようです。

 

③おれの部屋シリーズ

IMG_3975 IMG_3996 IMG_3970 IMG_3990

IMG_3992

写真よりリアルです。Airbnbに出している私の部屋の写真(https://www.airbnb.jp/rooms/2825474)と見比べてください。どちらが真実に近いでしょうか?こちらです!

 

それぞれのスタイル

Michelの作品

IMG_3926

IMG_3925 IMG_3919 IMG_3920 IMG_3921 IMG_3922 IMG_3923 IMG_3924 IMG_3918 

 

Gwladysの作品

IMG_3981

IMG_3971 IMG_3972 IMG_3973 IMG_3974

 

Thomasの作品

IMG_3881

IMG_3988 IMG_3982 IMG_3994 IMG_3997 IMG_3987 IMG_3989  IMG_3991 IMG_3985

 

見ての通り、「絵が上手い」だけではなく、それぞれがそれぞれのスタイルを持っています。

そう、本当にその道でプロになろうと思ったら、「上手い」だけでは全然だめで、最低限「スタイル」を持たないといけないです。そこではじめて本当の競争のステージに立つことができます。そして人と時の検証を得て、いいものが残っていきます。

彼らは今はその「スタイル」を持っている、と言うよりも模索していると言ったほうがいいのかもしれません。それを本当に自分のものにしようと、毎日毎日絵を描いているのです。わざわざ日本に来てまで、何か新しいものが生み出されるかも知れない、と思い毎日毎日描いているのです。

そこには描かなければいけない、成功しなければいけない、という悲壮感はないです。これがやりたいからやっているんだよっていう、無邪気なひたむきさに溢れています。

毎日毎日絵を描いて、作品残して、それだけやって誰にも相手にされず競争にも勝てなかったら、何にもならないよね?

いいえ、自分はそこにこそ人生の歩むべき道があると思います。ジョブズが言ってました「旅こそが報い(Journey is the reward)」と。

旅の目的地にゆくその過程にこそ、旅の本質がある。なぜばらば、目的の達成は素晴らしいがそれは一瞬。しかしそれに到達するまでの道乗りは有限の長い長い時間である。その過程を楽しめない旅に何の意味があるんだい?過程を楽しめない人生に何の意味があるんだい?時間は限られているんだから。(※なぜならば以降は私の勝手な解釈です)

今やりたいって思うことを、やりたいって思った時にやれて、それに最高の努力を捧げることができている時ほど人生で最良の時間ってないです。それが世間的に意味のあることならば成功するだろうし、全く無意味なことならば、成功しないでしょう。ただ、それだけのことです。何か?

 

IMG_4005 2 IMG_4018

2週間の滞在後、彼らは旅立っていきました。まだまだ日本の旅ははじまったばかり。2ヶ月ほど日本に滞在するそうです。

 

今回も楽しくて、元気の出るAirbnbライフでした。

「旅こそが報い」

目的地に到達できるかどうかは誰にも保証されてませんが。

 

Thanks to Airbnb!

Spacial thanks to Gwladys, Tomas, Michel !!!

vol.89つづく

 

【お知らせ】

新しいセミナーを実施します。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.質の高い記事とは
3.質の高い記事を量産するには

日時:6/18(火)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/5/22更新)

 

著者Facebookアカウント(友達申請歓迎です!)https://www.facebook.com/kazumasa.narahara

Airbnbをはじめてみたい方はこちら

私のAirbnb物件(東京 & 九州

TimeTicketでAirbnbの経験をシェアしています「Airbnbホストのスムーズな始め方を一緒に考えます」

いままでのAirbnb日記シリーズ

Airbnb日記 vol.1 〜まずは人の家に泊ってみた〜

Airbnb日記 vol.3 〜香港人が家にくる〜

Airbnb日記 vol.6 〜フランス人が隣にいる〜

Airbnb日記 vol.9 〜香港の女の人〜

Airbnb日記 vol.13 〜台湾人4名女子〜

Airbnb日記 vol.16 〜カナダからジョンとその友人たち〜

Airbnb日記 vol.20 〜イギリスのエンジニア〜

Airbnb日記 vol.21 〜イギリスのエンジニアからのタイ人〜

Airbnb日記 vol.22 〜タイ人の2人姉妹〜

Airbnb日記 vol.24 〜Airbnbパーティ@渋谷ヒカリエ〜

Airbnb日記 vol.25 〜テキサスから3人男組〜

Airbnb日記 vol.26 〜オレの実家(ど田舎)にドイツ人きたわ 〜

Airbnb日記 vol.32 〜オレんちにも(東京)ドイツ人きたわ〜

Airbnb日記 vol.34 〜いまスペイン人がいます〜

Airbnb日記 vol.36 〜タイからの3人は短期留学生だった〜

Airbnb日記 vol.39 〜上海より女3男1の旅〜

Airbnb日記 vol.42 〜コスプレ女と腐女子 from マレーシア〜

Airbnb日記 vol.43 〜タイの大学生 from NY〜

Airbnb日記 vol.45 〜フランスからの留学生 〜

Airbnb日記 vol.46 〜自由な男2人 from オーストラリア〜

Airbnb日記 vol.50 〜タイのガチマンガ家が来た(証拠あり)〜

Airbnb日記 vol.53 〜たまにはゲストになる 基地に泊まった〜

Airbnb日記 vol.56 〜夏の夜の夢(天女をみた)〜

Airbnb日記 vol.57 〜日本人ベテランホストの女の人〜

Airbnb日記 vol.58 〜マレーシアからの刺客part1〜

Airbnb日記 vol.62 〜タイから女子3人組part1〜

Airbnb日記 vol.63 〜もしAppleマニアの実家(ど田舎)にApple社員が来たら〜

Airbnb日記 vol.65 〜タイからデザイナー来た〜

Airbnb日記 vol.70 〜日本人が泊まりに来ました(3人目)〜

Airbnb日記 vol.71 〜またタイから3人女子きました〜

Airbnb日記 vol.74 〜バカドリルで有名なあの出版社から…〜

Airbnb日記 vol.76 〜カナダから大学生のオタクが1人でくると〜

Airbnb日記 vol.77 〜帰ってきたら外人がふとんで寝ていた〜

(速報)Airbnb日記 vol.78 〜特別編 Airbnbで知り合ったデザイナーとPC用クラッチバッグつくりました〜

Airbnb日記 vol.79 〜黒田バズーカに勝手に打たれていた〜

Airbnb日記 vol.80 〜女子来る→Airbnb創業者に会う→女子来る〜

Airbnb日記 vol.82 〜女子が焼き鳥とビールを持って現れた〜

Airbnb日記 vol.83 〜韓国から女子がひとりで来る〜

Airbnb日記 vol.86 〜韓国の超美女と超漢がやって来るpart2〜